mysloppymemo

英語を教えています。英文法のメモ、例文のストックをしていきます。

see [to it] that

see to it that: (ジーニアス大)~するように取り計らう、~するように気を付ける


see to it that の it は toという前置詞の仮の目的語である
前置詞の直後にはthat節を持ってこれないので、代わりにitを置いている。

(in that や depend on it that も同様)


seeのこの使い方から考えると、ここでのseeは自動詞

ODEを引くと、こう定義してある

6. [no obj.] ensure: Lucy see to it that everyone got enough to eat./ See that no harm comes to him.


seeの直後にthat節がくるところだけ見ると、え?このseeは他動詞じゃないの?と思ってしまうけど、他動詞としてのseeには「~を取り計らう」という意味はないので、やっぱりit to が省略されたものなんだなと考えるのが妥当かな。